家族のもとに真直ぐ帰らずに風俗で遊んだときの体験談。

家族より風俗

人妻風俗嬢を癖で警戒してしまった

投稿日:2017年7月17日

社会人になってからは多忙な日々が続くようになった。仕事が忙しいときになると夜遅くまで職場にいて、早朝に出勤するから全く休む暇もなかった。普通なら性欲も溜まって行くし定期的に性欲処理をしなければいけなかったんだと思うけど、あまりにも忙しすぎて性欲処理をしたいと思えなかった。でも、多忙な時期が終わり平日休みが取れるようになると、今まで溜まっていた性欲が一気に爆発しそうになり激しくムラムラした。そのため、平日の昼間だったけれどデリヘルに電話をかけてエロエロな風俗嬢を指名した。すると、デリヘルから人妻風俗嬢が派遣されてきた。人妻って聞くと色々厄介な感じがしたので彼女とエッチなプレイをしても大丈夫か悩んだ。でも、よく考えてみれば普通にお金を張ってエッチなプレイをするわけだから、後腐れの関係のない関係ってことだし彼女にご奉仕プレイをしてもらった。普通に気持ちよくしてもらえたし、久しぶりに大量発射できたので良かったわ。

学生時代に風俗嬢とエッチなプレイをした

学生時代はプライベートが充実していて毎日のように合コンしたり、乱交パーティーをするなど好きなように生きていた。でも、エッチなプレイをするとお付き合いの話になることもあったし、面倒な話が嫌だったので途中からはデリヘルを使うようになった。女と付き合えば結構金を使うし無駄にプレゼントなどしたくなかった。そういう意味では自分にとってデリヘルはすごく都合がいいシステムだったし、かなり好みに近い風俗嬢とエッチなプレイができたから十分に楽しめた。ただ、家に風俗嬢を呼ぶとなるとある程度部屋がきれいじゃないといけないし、部屋をきれいにするのがめんどくさかったのでホテルでいつもエッチなプレイをしていた。ホテルならローションプレイなど過激なプレイをしても大丈夫だし、安心してエッチなプレイを楽しむことができた。プレイの最後には必ず顔面騎乗をしてもらって彼女の愛液を味わいながら射精していた。昔のこととはいえ、すごく楽しい思い出だったと思う。